本園の新型コロナ対策について

HOME > 本園の新型コロナ対策について

当園では、新型コロナウイルス感染症対策及び園児・保護者・来園者の健康と安全面を考慮し、園内におきましては、アルコール消毒液の設置・手洗い用石鹸・ペーパータオルの設置、全職員の体調・体温管理を行った上でマスク着用にて運営させていただきます。
 

保護者・来園者の方々へのお願い

 
① 飛沫感染防止のため、ご来園の際はマスクの着用をお願いいたします。
 
② 当施設を安心してご利用いただけるよう、園内玄関に手指消毒用アルコールを設置し、保護者・来園者の方々にご使用のご協力をお願いしております。※園児にはアレルギーテストを行っておりませんので基本的に石鹸での手洗いを行っております。
 
③ 下記諸症状のある園児・保護者・来園者様は、大変申し訳ございませんが、ご来園をご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
37.5℃以上の発熱 / 頭痛 / のどの痛み / せき / くしゃみ / 寒気 /節々の痛み / リンパ節の腫れ / 嗅覚障害 / 味覚障害など通常と体調が異なる場合。
 
④ 保護者・来園者様でご来園中、万が一咳や発熱などの症状によりご体調が優れない状況が発生した場合には、職員室までその旨お申し出ください。
 
これからも皆様が安心してご来園いただける環境づくりに注力して参りますので当分の間、皆様のご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
 

園での取り組みをお知らせいたします。

※この情報は、今現在のもので、後日変更がある可能性があります。
 

園児の手指のアルコール消毒について

園では、園児にアルコール・エタノール消毒は行いません。
理由としては、アルコール・エタノールについてアレルギーの可能性があるお子さんがいるからです。そしてアルコール・エタノールをかけた後、即時に目をこする・口に入れる等の危険性があるからです。アトピーのお子さんの場合、アトピーが悪化する可能性もあります。
玄関の入退室を管理するiPadの傍に、大人のためにアルコールなど常備させていただいてておりますが、子供には手が届かない場所にあります。
ご来園の際は、どうぞご利用ください。
 
アルコール・エタノール除菌は殺菌効果がありますが、洗浄効果はありません。
アルコール・エタノール消毒をする前に石鹸で手を洗うことが重要になります。
 

給食について

 
園でのコロナ対策は、食事前なので当たり前ですが、手洗いをします。
本来、楽しく給食を食べるのが基本ですが、子ども達全員が前を向く授業形式で食事いたします。
本園では、向かい合うタイプの机ではないので、アクリル板などでのパーティションなどは使用する予定はありません。
マスクを全員外す状況となるため、換気は最大限行いますが、今後の気温上昇に合わせ暑すぎないよう室温にも注意して行います。また、飛沫を防ぐため、しばらくの間、必要な会話のみとし、先生に用事がある場合は近くで伝えるように声掛けをします。
給食の容器については当分の間、使い捨ての容器を使用するよう、給食業者と話し合い、決定しました。
 

バスのコロナ対策について

今年度のバス乗車人数は、マイクロバス定員48名のところ最大26名、ワゴンバス定員26名のところ最大16名で運行しております。
窓は、開けるようにして換気の対策としております。
窓が少ししか開けていない。窓を全開に出来ないのか?と思われるかもしれませんが、園児の落下防止対策として国土交通省の指導により、開かないようになっています。
エアコンも外気導入モードで行っております。
シートや手すり等園児が触りそうな場所を、ピューラックス(塩素)除菌しております。
子ども達の座る席は決まっており、3人掛けの席に2人(間を空けます)か2人席に1人としています。ただし、少しでも感染リスクを低減するために、6月末日まで当日の乗車人数により、移動して一人ずつ座ったり、座る場所をずらしたり致します。(今後の状況により変更もあります)
また、飛沫感染を防ぐため、しばらくの間バス内での会話は最小限にしたいと思っておりますので、ご家庭でもお子様にお話をしていただけると助かります。
最近熱くなってきているので、熱中症対策もしなければならないので、エアコンの効きを良くさせるため、日によって換気量を変更いたします。
 

外遊びについて

園庭では、熱中症対策も兼ねてマスクは外して遊びます。
 
今後も対策について何かあれば、記載していきます。
 
6月19日追記

プール・水遊びについて

小学校などでは、更衣室が密になるため中止のところが多いようですが、園では保育室での着替えとなります。
 
今年度は、クラスの半分の人数ずつプールを行います。幼稚園棟のプールは4m×7mの大きさなので24㎡少なくとも一人当たり1.5㎡の間隔を確保できる計算となります。
プールに入らない子ども達はサポートの先生が保育します。
 
タオルはフェイスタオルを持参していただき、プールサイドに一人一つの椅子を使い間隔を取って顔を拭いたりします。
 
水質については、過去から同様ではございますが、水道水を利用し、ハイクロン(プールに入っている白い錠剤)を使用して遊離残留塩素値「0.71.0mg/L」を確保して行います。
 
保育園棟では、毎年小さ目なプールを使用しておりましたが、今年度は、タライ等を利用して水遊びを行います。
 
両棟共、プール・水遊びを行う際には、指導者(保育担任)の他に水難事故を防ぐために監視員を1名つけて安全に行います。
更に熱中症対策として暑さ指数(WBGT)計及び予報などを利用し、「厳重警戒」値となった場合、水遊びや外遊びを中止して涼しい室内に入ります。暑さ指数はこの上のレベルで「危険」があります。
この数値は、あくまでも大人に対しての数値なので、乳児、幼児は暑さに慣れていないことも鑑みて園で決めております。
 
プールで熱中症?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、気温が高いと水温も上がり、外気温との関係で熱中症になる可能性が高いと言われていますので気を付けて活動していきたいと思います。
 
今後も対策について何かあれば、記載していきます。
 
6月25日追記
本園は、予定どおり630日をもって登園自粛期間を終了します。
登園に際しては引き続き、以下の事項にご留意ください。
なお、今後、本園で新型コロナウイルス感染者が確認された場合には、原則として2週間の完全休園(特別保育の実施なし。)を実施することとなり、保護者の皆様の生活にも大きな影響を与えることとなります。園児又は家族が体調不良の場合は、登園を控えるようお願いします。

7月1日からの登園に際しての留意点

1.本園では新型コロナウイルス感染症対策として、手洗いの徹底や、保育室の使い方、遊び方の工夫をし、園内やおもちゃの消毒を実施します。また、園児の体調の変化を丁寧に観察します。本園等では可能な限り園児の安全を守る最大限の努力をしますが、抵抗力の弱い低年齢のお子さまの集団生活の場であるため、完全にリスクを回避することはできません。
 
2.登園前には家庭での健康観察を確実に行い、園児又は家族が新型コロナウイルス感染症と疑われる体調不良等の場合は登園をお控えください。また、園児が発熱していた場合は解熱後24時間経過してからの登園をお願いします。
 
3.感染予防には、手洗い等の徹底と十分な休息が必要です。お仕事が早く終わった時の早めのお迎えなど皆様のご協力をお願いします。
 
4.ご家族の皆様の体調管理にも十分ご留意ください。園児又は家族がPCR検査等を受けられた際は、本園にご連絡をお願いします。
 
 7月14日追記
柏市認定こども園協議会から感染症対策について発表がありました。
認定こども園感染症対策について