特色ある教育

マークマーク
マークマーク
マークマーク
マークマーク
マークマーク
マークマーク

英会話

本園では、ネィティブの先生が毎日在籍しております。

幼児期は、様々な人とのかかわりがとても重要です。
 
幼児期において、英語教育に触れさせる年齢は「早ければ早いほど良い」と言われています。
英語学習の肝となる「英語脳」「英語耳」が養われるのは、おおむね0~6歳までが良いとも言われており、なるべく幼児期の段階で積極的に英語と触れあうことが重要かと思っております。
幼児期は、人とのコミュニケーションを積極的に行うことが大切です。
ネィティブの先生と歌やゲーム、ダンスなどを活用して遊びながら学習を行うと、より効率的に英語を身に付けられるようカリキュラムを組み立てております。
 

毎日ネィティブの先生がいることのメリット

英語への抵抗がなくなります

本園では様々な体験、経験を通して子供たちの成長を促しております。
小学校では英語学習が必修化されました。
そのため、早期から英語に触れていない子どもは、英語を強制的に「勉強させられている」という感覚が強くなりやすい環境かと思います。
遊びながら英語を学んでおくことで、英語に対して自然な感覚で取り組むことが出来ると思います。
 

英語脳が発達する

英語脳というのは、日本語で話すときは日本語で、英語で話すときは英語で考える能力のことをいいます。この英語脳は幼少期からの学習によって身に付くといわれています。
 

英語耳が発達する

一般的に、言語の習得には臨界期があるといわれています。英語学習が遅れると、その臨界期を過ぎてしまうことになり、第2言語としての英語習得の難易度はぐんと高くなるとも言われております。本園では、英語を聞き分ける能力である「英語耳」を幼少期から身に付けられます。
本園で行っている、音感教育と同じような理論です。
 

右脳の発達が促される

幼児期から英語学習を実施することで、「右脳の発達が促される」のも大きなメリットといえます。左脳は一般的に言語や分析などの「論理的思考」に使われるイメージです。反対に、右脳はより感覚的で、デザインや音楽などの感覚的なものに使われるイメージが強い傾向にあります。
幼児期は、感覚的なイメージの右脳が優位に働くという見方が一般的です。そのため、この貴重な時期に右脳教育をしっかりと行うことが重要だといわれているのです。
本園では、幼児期には、右脳を刺激する教育が重要と考えております。