特色ある教育

マークマーク
マークマーク
マークマーク
マークマーク
マークマーク
マーク

石井式漢字教育

初めて漢字教育とお聞きになると幼児に漢字を教える。と思われるかもしれません。
このカリキュラムは、漢字を通して物語に触れ、情操や集中力を育みます。
 
幼児にとって「漢字はかなよりやさしい」ことを発見された石井勲博士の考えに基づき、漢字かな交じり文を用いた言葉教育を実践しています。
本園の園長の水野は、石井式漢字教育の絵本を出版、販売しており、全国の石井式漢字教育実践園とつながっております。

言葉の獲得期である幼児の脳は記憶力に優れています。聴覚からの刺激に敏感であるため、聴いた言葉を覚えることができます。
 
また、いわゆる“写真記憶”“丸暗記”といわれる機械的記銘にも優れており、絵本を一字一句間違えず読めることも多々あります。こうした幼児期の能力を活かした教育法が石井式漢字教育です。漢字絵本や読みカード等を用いて、お子様の能力を無理なく高めます。石井式を実践することで、幼児期に豊かな語彙(内言)を身に付けることができ、言語能力の発達が促されると同時に読書好きな子に育ちます。

このように、石井式漢字教育法の実践により、思考力と集中力を伸ばします。(参考図書として、『かなから教えていませんか』等、石井勲関連書籍をお読みになり、理解を深められることをお勧めします。ご興味のある方は子供教育出版へ。)

中国の古典に『読書百遍、意自ずから通ず』という言葉がありますが、これは難しい本でも何回も読むうちにその趣旨が読む人の心に伝わってくるという意味です。幼児でも、声に出して諳んじることでいつの間にか言葉の意味が頭の中に入ってきます。日本語の読む・書く・話す能力を高めることは心の教育でもあります。幼児期の言葉教育により、情感豊かな心を育みます。
 

読みカード

文中の漢字を記入したカードを先生が次々とめくって読み上げます。ここでは単語・文字の意味を逐一教えることは敢えてせず、文字を音と共にイメージとして子供の潜在意識に刷り込み、脳を活性化します。
 

カード取りゲーム

読み聞かせの中で出てくる単語をカードに記入し、文章に合わせて黒板に貼ります。文字の形と文章から意味を同時にイメージすることが出来、より効果的に覚えることが出来ます。
 

名文の一斉読み

先生が子供達に名文を読み聞かせます。俳句や和歌集、詩等、内容の理解は幼児には難しいですが、繰り返すうちに文章中の言葉が浸透し、日常の物事を考えるようになります。
 

カルタ 

諺や和歌を使った本格的な歌留多を、一年を通じて行います。ゲーム性を持ったカルタを繰り返し行うことにより、美しい文章が自然と身に付きます。
 

立腰

「腰骨を立てる」ことは、日本人の基礎です。
日本では、武道の稽古や修練では、背筋を伸ばすことはとても重要とされてきました。
これは禅や茶道でも同様です。このような日本人の基礎となる「腰骨を立てる」ことを教育法として確立したのが、日本の哲学者・教育者としてしられる森信三氏です。石井式では、この素晴らしい指導方法を幼児に適した方法で行っております。
立腰の効果
・やる気がおこる
・集中力がつく
・持続力がつく

・頭脳が冴える
・行動が俊敏になる
・内臓の働きがよくなり、健康的になる
・精神や身体のバランス感覚が鋭くなる
・身のこなしや振る舞いが美しくなる

・スタイルが良くなる
 

石井式の基本

1.漢字を覚えさせようとしない。
無理に覚えさせようとしない。
幼児は努力して覚えるものではない。
遊びの中で自然に漢字にふれる。
繰り返し漢字に出会い、ひとりでに覚える。
2.繰り返し絵本を読む。
幼児は繰り返しが大好きです。
子供が喜ぶお話を聞かせましょう。
同じお話は飽きるだろうと思うのは誤り。
効果の高い「言葉の教育」となる。
3.テストをするのはやめましょう。
「この字はなぁに?」「なんて読むの?」は子供を緊張させてしまう言葉です。楽しい漢字が嫌いになってしまいます。
読めない漢字があった場合は、さりげなく正しく読んであげましょう。
4.覚えた漢字を忘れてもよい。
石井式漢字教育では、漢字を覚えることを直接の目的にはしておりません。
漢字を見ることにより知能が向上し思考力を発達させることがねらいです。
幼児期に頭の中に記憶されたものは、無意識の頭の中に必ず残っているもの。