よくある質問

園児募集案内園児募集案内
幼稚園見学会幼稚園見学会
幼稚園見学会幼稚園見学会
保護者の声保護者の声
父母の会父母の会
通園バス通園バス
優先入園優先入園
よくある質問よくある質問

HOME > 入園をお考えの方 > よくある質問

Q1 手賀の丘幼稚園・保育園は、どのような教育をしているのですか?

本園の教育活動の根本にあるのは、教育理念です。
これは、健康・人格・躾の3本柱から成り立ち、生きている一瞬一瞬を大切にする一期一会の精神です。
 
健康とは、心と身体がのびのびと育つこと。人格とは、ひとりの人間として尊重されること。
躾とは、初めての集団生活に慣れ、社会生活に必要なルールを知ること。この3つが手賀の丘幼稚園の基本です。
 
この3つを実践するため、園児に対し適切な時期を選び、脳の発達に欠かすことのできない新鮮で多くの体験が出来る様、配慮しています。教育内容は下記のとおりです。
 

(1)健康づくり 

体育専任講師による体育活動を通して、楽しく身体を鍛えます。 
体力は「生きる力」の根本です。
 

(2)形当て遊び(石井式国語教育による指導)

漢字で書かれた絵本、フラッシュカード等を使用し、漢字を形としてとらえ、文字に対して興味を持ったり読書好きな子どもに育てます。漢字を教えるのではなく、漢字を使って世界の名作 などに親しみます。

 

(3)音当て遊び(音感教育)

音の言葉(音楽教育)は5歳までが大切です。
リズムに合わせて身体を動かしたり(リトミック)様々な楽器を使って合奏を楽しんだりピアノの音を聞いて音を当てたりして遊びます。
 

(4)国際交流(英語で遊ぼう)

月に1度外人講師を招いて、子どもたちと遊びます。
英会話指導?と思われるかも知れませんが、園では、基本的に外国人に慣れ、遊ぶために行います。その際の会話は、きれいな発音の英語です。

 

(5)自然体験

本園には、手賀の丘ファーム(畑)があります。子どもたちに土に触れる機会を多く与え、自然に親しみ、自然を愛する心を育てます。
 

(6)絵画造形

絵を描くことは心を表現することです。専門の講師を招いて、子どもたちへの指導方法を職員にアドバイスをしてもらい、自由な表現力を最大限に引きだします。
 

(7)給食指導

本園では、味も質も厳選した『食育クラブ』を導入しています。
お母さんのお弁当は美味しい。それは・・・お子さんの好きなものばかり入っているからです。
幼児期に色々な味覚をしり、好き嫌いがない子どもに育てます。 
本園では、まわりの友達が食べていれば自然に食べられるようになるので、無理な強制は致しておりません。飲み物は牛乳・コーヒー牛乳・麦茶です。
アレルギーでお困りのお子さまには、特別メニューで対応しておりますので安心です。

 
手賀の丘幼稚園・保育園では、 『子ども第一主義』
子どもたちに、今、何が必要で大切なのか? 
私たちは、ただ遊ばさせている様な「放任」教育や、自分勝手な性格を助長させるような「野放し」指導はいたしません。

Q2 こども園での一日(1号認定)は、どのように過ごしているのですか。

 

1番バス到着、子ども達は自由遊び

9:00

登園・自由遊び

9:30

2番バス到着

おかたづけ(お着替え、出席シール貼り、トイレ等を済ませます)

10:00

朝の活動(H.R、出席確認、お話し、制作などのカリキュラムの導入)

10:10

カリキュラム活動

漢字絵本、ミュージック・ステップ、体育指導、制作等行います。

12:00

昼食

室内遊び(粘土、お絵かき、絵本等)

1:00

外で、自由遊び

1:40

帰りの活動

2:00

降園

一番バス発車、徒歩通園の方は、お迎え

 (二番バスの子ども達は自由遊び)

3:00

二番バス発車

Q3 違う学区の幼稚園に通園すると小学校に入学したときに友達がいないのでは?

よく受ける質問です。ご心配になるかと思いますが、学区にこだわることはあまり意味はないかと思います。なぜなら、小学校に入学の時点での友達の有無を考えることより、入学してからどのように友達を作っていくかが大切だからです。
遊びに来た卒園児の話ですが、小・中学校で離れてしまい、高校に入学したら、なんと同じ手賀の丘幼稚園だった。と話もあります。
 
子供は集団生活を通して、いろいろな個性が交わる中で友達を作り、お互いに認め合いながら成長していきます。
こども園時代のお友達はお子様の大切な財産です。もちろんお母様同士のお付き合いも広がります。

Q4 預かり保育があるときいたのですが・・・

 
はい、行っております。原則として、一日保育の日(給食がある日)です。通常、月~金曜日、時間は2~5時です。料金は1回500円となっております。別料金で最大19時までお預かりいたします。

当日でも受け付けます。おやつは各自で持参し、みんなで食べます。
朝は、7時30分から毎日お預かり致します。急な用事や小学校での 集まり等、ご利用方法は自由です。子育てばかりしていると、時には イライラが募ることもあります。こんな状態ではお子様にまで影響しますので、お買い物のときにもお気軽にご利用ください。朝の預かりは100円です。
担当は、職員が行います。

Q5 うちの子は好き嫌いが多いので給食が心配です。

Q1(6)にも書いてあったように幼児期にいろいろな味覚を知ることはとても大切な事です。初めの1、2ケ月は慣れない場合もありますが、お友達が食べているのをみていると自然に食べるようになります。たくさん遊び、お腹がすけば、何でも食べられるようになります。 なお、給食は無農薬・有機栽培の野菜を積極的に導入し、パンに関しても、大手パンメーカーへの特別注文の子ども向きのパンを使用しております。ゼリーに関しても甘みを抑えた自家製ゼリーを使用しています。メニューも1カ月分、前の月にお渡ししますので「お昼にカレーなのにお家でも夜、カレーだった。」ということもありません。しかも、しっかりと、カロリー計算もされています。
 
食育クラブという会社が当園のコックさんです。好き嫌いの多いお子さんは、給食に慣れない時期はお家に帰って「おなかすいたー」というはずです。そこで、おやつをたくさん与えると園で食べなくても平気な子どもになってしまいます。おかしいな?と思ったら、担任に連絡してみて下さい。年少さんは、出席ノート(おはようブック)に毎日食べた量が記入されています。
何事も焦らず、のんびり、大きな心で見守り、指導していきますので、ご安心ください。

Q6 クラスは小人数の方がよく見ていただけると思いますが、この園ではどう考えておられますか?

よくマンツーマンが良いとお考えの方がおられますが、こども園というのは、集団生活の場でもあります。集団というのは最低でも20人位はいないと集団としての機能や効果が薄れます。
確かに小人数ならば、先生の目が行き届くと思いますが、大人が干渉し過ぎては、興味をもつことを強制することになります。
そして、必要以上に大人の目を気にしながら、生活する子どもに育ちます。
ここで大切なのは、人数が多くても少なくてもそのこども園の先生の質が問題となります。子どもたちを見つめる情熱がなければ人数が少なくても意味がありません。物事すべてに一長一短があります。何が重要かは、保護者の方によっていろいろな考え方があると思いますが、真実は一つと思い、小人数で保育は行っておりません。当然のことですが、保育基準に則り補助や助手は、適切な人数と時期を考え、配置しております。

Q7 すこやかメールってなんですか?

月に何回か、クラス担任より保護者の方へクラスの様子を伝えるメールです。

Q8 車で来たときはどうすればよいですか?

こども園の西側の駐車場をご利用ください。行事の際は、詰めて駐車すれば、合計100台位は収容できます。
その他、門の前に4台分の駐車場が御座いますが、ここは、出入りの多い園長と副園長、事務が駐車しております。空いているスペースは、体が不自由な方や出産直前な方、お子様が病気で、お迎えに来られた方などを対象に空けております。
他には、園より3分ほど歩きますが駐車スペースがございます。200台ほど駐車することが出来ますので、運転が不慣れな方もご安心ください。
地図で見る場合こちらをご覧ください。

Q9 園でケガや病気になった場合、お迎えに行くのですか?

基本的に突然の発熱などのときは、お迎えとなります。
ケガの場合、例えば、縫うほどのケガをしてしまった場合、園では病院へすぐに連れて行きます。また、同時にご自宅へ連絡して保険証を持って病院へ直接来院していただきます。
その際の治療費は、金額にもよりますが、園で加入している保険で請求していただいております。
熱の場合は、お子さんの平熱の体温や状態によって保護者の方に連絡させていただいています。

Q10 言葉が遅く、現在「子ども発達センター」へ通っています。幼稚園へ入園したいのですが、面接で落とされますか?

園ではまず、その子に事前に会います。そして発達などのレベルをみて、本園での教育がその子に向いているか考えます。向いているとしたら、保護者の方のご協力がどの程度いただけるか話し合います。
基本的には、すごく多動傾向のあるお子様は、本園には、あまり向かないと思います。
場合によっては、1週間程度通園していただき、保育を行い様子を見る場合もあります。その結果で入園を許可するか決定致します。そして、保護者の方のお子様に対しての認識、ご協力がない場合は、ご遠慮いただいております。
入園後に発達が他のお子様に比べゆっくりな場合は、保護者の方々とお話をしてご納得がいただけたら児童相談所、発達センター等で検査をしていただいたり、園に通いながら各施設にも通う場合もあります。
小児ゼンソク、アトピー、てんかん等の病気、小児特定疾患についてのご相談も受けております。例えば、アトピーの場合、卵除去の給食なども対応できます。
 
1歳6ヶ月検診、3歳児検診、などでお子様について何か言われた方、言葉の教室、発達センター等通われているいる方、多少でもご心配がある方は、必ず、ご連絡ください。

Q11 除菌清掃を行っていると言うことですが?

はい。「柏市で一番清潔な幼稚園にしょう」を合言葉に行っています。これは、アメリカに
幼稚園の視察旅行をした際に公共施設や、病院、幼稚園の清潔さに驚かせられたことから行う事を決めました。
 

アメリカのトイレは臭わない

アメリカではトイレはほとんど臭いません。なぜならば、老人ホームや病院等の弱者が生活する環境には消毒清掃が義務づけられているからです。米国疾病防疫センターのガイドラインで、病院等の公共施設では米国環境保護局の認証を得た消毒カのある洗剤を使うことが定められています。この、米国環境保護局の規格は、安全毒性試験をクリアし大腸菌、サルモネラ菌、緑膿菌を消滅でき、汚れをとること、浄化槽に無害なことといろいろなことを意味します。
 日本には品質の安全性や使用方法、手順と定めは全くありません。安全衛生管理は公共の事業を司るものの絶対的な義務であり、業務なのです。消毒、清掃は非常に簡単でどこのエリアでも同じ作業でできます。例えば、トイレ、食堂、保健施設と洗面、プールの足拭きマットやすのこのある場所で病原性の細菌、バクテリア、真菌のない環境となります。
 

日本の床は滑る

床の滑り抵抗は、平均45kg~50kgの人間が転ばず滑らず、安全に歩行できるようにアメリカでは定められています。ところが、園児の体重ははるかに軽く、骨や筋力も弱いために大人に比べて滑りやすく転びやすいので、すり傷や後頭部の打僕を起こしやすいのです。
しかし、今現在の日本には床の安全対策基準は何もありません。逆に、日本の床材やワックスは靴の跡や汚れをつきにくくしたもの、つまり、摩擦抵抗の少ない滑るワックスが主流をしめています。
体育館などのバレーボールの試合等で、靴の底に石灰をつける選手がいるのを見たことがあると思います。又、モダンダンス等では、靴が滑りすぎて股関節を痛めたりするため、滑り止めを履いて練習しています。抵抗を高め安全なワックスを床に施しても、土砂が上がってくれば同じように滑り易くなります。  教室の木床のごみやホコリの掃除が不十分であったら滑り易く危険です。
本園の保育室は、リプロン工法という床の処理を行い、清潔で滑らず、除菌効果の高い床にしております。
 

日本の建物は汚い

日本の建物で一番汚く不衛生なものは、病院、公衆トイレ、学枚の順に呼ばれています。(関係者の方、ゴメンナサイ。)ある中学校では、5K(汚い、危険、臭い、壊れている、暗い)トイレと呼ばれ、女子生徒が登校を拒否した例もあります。
入園する園児も保護者も美しく安全な幼稚園・保育園を選ぶ権利があります。したがって園教職員も最高の環境づくりを整備することが必要と考えます。そして、園児にもできる簡単、正確で衛生的な掃除を園教育に取り入れるよう、教職員の意識改善と清掃手順の指導が必要となってきています。
本園では、アメリカの病院と同レベルの清掃システムを導入することにより、職員の心配り、色々な角度から見る大切さを養うとともにその意識を保育にフィードバックするために行います。
 
ここで勘違いをされては困るのですが、各ご家庭では、そんなに除菌・除菌と意識しすぎないほうがよいかと思います。園は、色々な人が集まる、公共施設のようなものなので除菌をするだけです。「キレイが一番!」と言って、お子様自体を汚れないように育児を行うと幼児期に大切な土で遊ぶ事が出来ない子になってしまいます。泥んこになって遊ぶ事も大切な成長過程です。つまり、汚れた分だけ成長していると、言うことになります。お洗濯がんばりましょう。
 

Q12 冷房は、ありますか?

あります。本園の冷暖房は、全館完備です。廊下も涼しく、冬は、加湿装置がついており、湿度の高い温風を出すことが出来ます。換気に関しましてもロスナイというエコな換気システムがついています。部屋の大きさを計算して新鮮な空気を取り入れる事が出来ます。
フィルターの掃除も定期的に行っております。

保育園棟では床暖房を導入しております。

Q13 緊急警察通報装置とは、どんなものですか?

簡単に言えば、ボタンを押すと警察が、すぐ来るシステムです。
14年度、千葉県の私立幼稚園全体で、このシステムを導入することとなり、元沼南町地区では、本園のみ、設置されていてます。

Q14 大地震などの災害のときは何か対策を考えていますか?

A園は、幼稚園棟、保育園棟共に鉄筋コンクリートで作られており、土台も地中深くまで入っており、比較的安全と考えられます。
鉄筋の数も園舎建設途中の工事写真もあり、設計士さんに見てもらいましたが、問題はないとの事です。
食料・水に関しましても、災害後6時間位で保護者の方々がお迎えに来られることを想定して長期保存可能なクラッカー・アルファ米・気分を安らげるようキャンディー・水・携帯電話を充電できるハンディーライト・ロウソク・ライター・冬場からだを温める為の薪、発電機3台、ストーブ、ファンヒーター、アウトドア用コンロ・かまど、仮設トイレ、井戸、パワーショベルなどを園舎とは別の場所に常備しています。

Q15 園で、怪我をしたら・・・?

園では、手当をした場合は、小さな怪我でも必ず、保護者の方に連絡をさせていただいております。
園庭で遊ぶときは必ず、先生が一緒に外に出ます。
しかし、子ども達は、必ず、怪我をします。園では、この怪我は、子ども達の成長になくてはならないものと考えます。
小さな怪我を繰り返すことで、自分の安全を考えるようになります。
大きな怪我をしないためにも、小さな怪我で学習が必要です。
もちろん、大きな怪我につながる遊びは、指導しますが、ずっと付きっきりで子ども達を見ない様にしています。
それは、大人の私達でも同じだと思いますが、「みられている」と、思うと楽しめませんよね。
園では、見ていないふりをして、子ども達を温かく見守っています。
 
園で、一番多い怪我は、転ぶ怪我です。
 
膝をすりむいたりするくらいなら良いのですが、最近は転ぶときに手が前に出ず、顔から転ぶ子が多くなりました。小児科の先生から聞いた話ですが、最近は歩行器を使う方や早期からつたい歩きの練習をさせてしまうので、はいはいをあまり体験せず、歩くために転んだときに手が前に出ない子が増えているとも聞きました。
 
あっ!自分のことだ!と思われた方。ご安心ください。今からでも遅くないそうです。床に手を置いて、はいはいするような遊びをすると改善するそうです。
 
これは、お年寄りの怪我にも有効だとも言っておりました。